/

この記事は会員限定です

三菱マテリアル社長 小野直樹氏(上)

採掘現場で折衝術学ぶ

[有料会員限定]

石炭、石油、ウラン、石灰。1970年代の三菱マテリアル(当時は三菱鉱業セメント)は、国内外で鉱山事業を幅広く手掛けていました。当時のうたい文句は「総合資源会社を目指す」。鉱山学科を源流とする京都大学資源工学科で学んだ私には魅力的に響きました。79年、鉱山技師(マイニングエンジニア)として入社しました。

■日本最大級の石灰石鉱山で7年半過ごす。

北九州市の南端にある平尾台(東谷鉱山)に配属されました。そこで上司に言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン