/

この記事は会員限定です

ヤマトと宮城県が包括連携協定

[有料会員限定]

ヤマト運輸と宮城県は30日、地域の子どもや高齢者の見守りなどで包括連携協定を結んだ。宮城県庁で開かれた協定式に出席したヤマト運輸の長尾裕社長は「高齢化の課題も踏まえ、事業者の商売がよりよくなるよう支援していきたい」と話した。

2022年の県政150周年に合わせ、宮城のPRキャラクター「むすび丸」などが印刷された配送に使う段ボール箱を販売する。従来から連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン