/

この記事は会員限定です

財政規律、昭和モデル脱却を

[有料会員限定]

財政政策の議論が盛んだ。国家財政を憂う現役財務次官の異例の論文が10月発表された。一方、総選挙に勝利した岸田文雄内閣は公約に基づき大規模な経済対策を打ち出した。社会保障費の拡大圧力への対応は依然不可避だ。

適切な財政政策とは何かが問われている。重要なのはマクロ経済政策と財政規律という2つの観点を混線させないことだ。

まずマクロ経済政策。新型コロナウイルス禍で日本経済は第2四半期に国内総生産(GDP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン