/

環境データ自動算出

日立、受注 前年比1.5倍に

[有料会員限定]

日立製作所がデジタルトランスフォーメーション(DX)を駆使して環境関連の指標を分析する事業を進めている。電力使用量などをデータ化してクラウド管理するサービスの受注件数は2021年に前年比1.5倍に増えた。サプライチェーン(供給網)全体の二酸化炭素(CO2)排出量を算定するサービスは企業がデータを収集し整理分析する手間を省けると、新規顧客の獲得を目指す。

世界的な脱炭素シフトや投資家への説明責任の...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン