/

この記事は会員限定です

(スキーW杯)思い出の地で節目の20勝

[有料会員限定]

3年前に初優勝を果たした思い出の地で節目の勝利を刻んだ。気温が氷点下20度近い極寒のルカで、小林陵は2回目に会心の飛躍を決め、今季初めて表彰台の真ん中に立った。W杯の通算勝利数を日本男子最多の20とし「すごくいいジャンプだった。率直にうれしい」と声を弾ませた。

2回そろえた好飛躍のうち、特に2回目は圧巻だった。首位とは飛距離換算で1メートル弱の差。不利な追い風が強まり、直前に飛んだ2人がK点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン