/

この記事は会員限定です

景気、昨年5月が「谷」に

政府認定へ 回復局面の実感乏しく

[有料会員限定]

政府は2018年11月から始まった景気後退局面が20年5月に終わったと認定する方針だ。近く開く有識者会議で判断する。景気が最も落ち込んだ「谷」となる20年5月は新型コロナウイルスの感染が拡大し、初の緊急事態宣言が全国に広がった時期にあたる。

景気のピークの「山」や、底にあたる「谷」の時期は内閣府の経済社会総合研究所が決める。実際の判断は経済学者らでつくる「景気動向指数研究会」(座長・吉川洋立正大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン