/

この記事は会員限定です

失われるバス、都市でも コロナや運転手不足で拍車

不採算路線が再編、高齢者移動難しく

[有料会員限定]

東京都心でバス路線が消えた――。少子高齢化などの影響で利用者が減少する中、大都市の不採算路線に再編の波が忍び寄っている。新型コロナウイルス禍の外出自粛や運転手不足が拍車をかける。運転免許の自主返納を求められる一方、貴重な交通機関を失う高齢者からは「移動手段がなくなってしまう」と不安の声が上がる。

2021年3月末、成城学園前駅と都立大学駅を結び、世田谷区と目黒区の住宅街約10キロを走る東急バス「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン