/

この記事は会員限定です

太陽光パネル急騰、3割高

中国で電力不足、工場稼働低下 日本企業、契約見直し

[有料会員限定]

太陽光パネルの価格が前年比3割高の水準まで上昇してきた。主産地である中国の電力不足で工場の稼働率が下がり、供給力が低下しているためだ。日本の発電事業者にとって採算の合わない水準まで値上がりし、契約の見直しや延期が相次ぐ。太陽光発電で再生可能エネルギーを底上げする日本政府の戦略にも影響が出かねない。

「すでに(発電事業者など)納入先との数十件の契約がキャンセルになった」。太陽光パネルを扱うある専門...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン