/

この記事は会員限定です

多角化の利点説明を

[有料会員限定]

企業が複合経営で結果を出すのは容易ではない。経済産業省の調査では、日本企業は多角化が進むほど利益率が下がる傾向がある。売上高が2兆円以上で多角化度を4分類すると、最大事業の売上高比率が50%以下の「巨大多角化企業」の営業利益率は、最低水準の3.0%に下がる。

事業が多岐にわたる複合企業は、市場や経営者の目が各事業の細部まで行き届きにくくなり、経営の規律を損なうリスクがある。

足元では東芝や米ゼネラル・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン