/

この記事は会員限定です

住友大阪セメント、一時11%高

大規模な自社株買いを好感

[有料会員限定]

26日の東京市場で住友大阪セメント株が一時前日比360円(11%)高の3690円まで上昇し、7カ月半ぶりの高値を付けた。25日に100億円を上限とした自社株買いの実施を発表し、株式需給や資本効率の改善を期待した買いが集まった。セメントの値上げを踏まえ、大和証券が投資判断を引き上げたのも好感された。

自社株買いでは自己株を除く発行済み株式の9.41%を上限に取得する。大規模な自社株買いで「株式需給...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン