/

この記事は会員限定です

サーモカメラで座席のぬれ検知 JR東海、新幹線に導入

[有料会員限定]

JR東海は26日、東海道新幹線の座席のぬれをサーモグラフィーカメラで検知する装置を12月から導入すると発表した。飲みこぼしなどで1列車あたり2席程度のぬれが発生している。サーモカメラが座席の温度差からぬれを検知。作業員は立ったまま3席分まとめて確認できるため、作業効率が上がるという。

これまではぬれを検知するには特殊なセンサーがついたほうきを使っていたが、1編成あたり1300席を作業員が中腰で確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン