/

この記事は会員限定です

温暖化と生物(13) 森林の多様性に活路

[有料会員限定]

森林は光合成によって大気中の二酸化炭素(CO2)を取り込むが、温暖化で絶滅する種が増えると吸収力は下がる。人の手でCO2を回収する技術もあるが、森林にはかなわない。

横浜国立大学の森章教授らは生物多様性が地球を守ると指摘する。「乾燥に強い」など様々な特徴をもつ生物が集まると乾燥や豪雨などがあってもCO2を吸収する能力を維持できる。

森教授は「優秀なフォワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン