/

この記事は会員限定です

ペンギンの泳ぎを解明

東工大、水中ロボットに応用

[有料会員限定]

東京工業大学の田中博人准教授らはペンギンが水中で機敏に動く仕組みを解明した。背中側に持ち上がった翼が変形し、効率よく前に泳いでいた。小回りや急旋回ができる水中ロボットを実現すれば、漁場の管理や海洋構造物の点検に役立つ。

ペンギンの中でも泳ぎが速いとされるジェンツーペンギン3匹が泳ぐ様子を12~14台のカメラで解析した。翼を打ち下ろすときと背中側に持ち上げるときにほぼ同じ推進力が出ていた。

空を飛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません