/

この記事は会員限定です

自省が導いた自制

坂井修一

[有料会員限定]

地中海の覇者ローマ帝国。歴代皇帝の中でも、特に人気のあるのが哲人マルクス・アウレリウスス・アントニヌスだろう。ヤマザキマリさんの漫画『テルマエ・ロマエ』でも、聡明(そうめい)な少年として登場し、活躍する。

しかしこのマルクス、悠々自適の人生を送ったかと言えば、そんなことはない。真逆である。

そもそも彼は、哲学者として生きたかったのであり、皇帝などになりたくなかったと言われている。皇帝になってからの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン