/

この記事は会員限定です

コーヒー豆10年ぶり高値

霜害やラニーニャで、減産懸念が再燃

[有料会員限定]

コーヒー豆の国際価格が一段と上昇し、10年ぶりの高値となった。7月に最大生産国ブラジルを襲った27年ぶりの深刻な霜害の後遺症が心配される中でラニーニャ現象が発生。中南米で天候不順となり生産が減るとの懸念が再燃している。一方、先進国を中心に需要は回復傾向で、海上輸送の混乱も相まって品薄感が強まっている。日本で製品値上げの動きがさらに広がる可能性がある。

レギュラーコーヒーに使う高級品のアラビカ種は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン