/

この記事は会員限定です

千葉銀の研修センター 臨時医療・宿泊施設に

県が決定

[有料会員限定]

千葉県は25日の新型ウイルス対策本部会議で、千葉銀行が所有する「ちばぎん研修センター」(千葉市)を臨時の医療・宿泊療養施設として活用すると決定した。今後想定される感染の再拡大に備え、高齢者や基礎疾患のある軽症者など、重症化リスクの高い人の利用を見込む。

研修施設の建物自体は臨時の医療施設として、駐車場はシャワーやトイレを完備したプレハブを建てた上で宿泊施設として活用。医療施設は約110床、宿泊施設は約50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン