/

この記事は会員限定です

百貨店売上高 10月0.1%減

5県、客足徐々に回復

[有料会員限定]

中国四国百貨店協会が25日発表した10月の中国5県の百貨店売上高は、前年同月比0.1%減の165億7600万円だった。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたことで、13.6%減った9月と比べると客足が徐々に戻ってきた。

品目別では主力の婦人服・洋品は3.2%減。化粧品は3.3%増とプラスになった。

そごう広島店(広島市)の売上高は6.4%増えた。9月末の緊急事態宣言の解除で来店客数が回復したこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン