/

この記事は会員限定です

(プロ野球 日本シリーズ)ヤクルト王手、継投ずばり 石川円熟、直球に磨き

[有料会員限定]

プロ野球のSMBC日本シリーズは24日、第4戦が行われ、ヤクルトがオリックスを2-1で破った。ヤクルトは3連勝で対戦成績を3勝1敗とし、20年ぶりの日本一に王手をかけた。

ヤクルトは二回、サンタナの2戦連続となる右越えソロで先制。同点とされた六回は2死一、二塁でオスナが決勝の適時中前打を放った。先発のベテラン石川は6回1失点と好投。石山、清水、マクガフの継投で逃げ切った。

オリックスの得点は六回に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン