/

この記事は会員限定です

金利上昇再加速、ドル高圧力に FRB議長再任が契機

利上げ前倒し、新たな火種

[有料会員限定]

バイデン米大統領が米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の再任を決めたのを機に市場で利上げ前倒しの観測が強まっている。米長期金利に上昇圧力がかかり、円相場は対ドルで一時4年8カ月ぶりに1ドル=115円台に下落した。利上げ開始まで「半年あまり」という時間軸を前提に、市場は金利上昇とドル高の余地を見定めようとしている。

今回、パウエル氏の対抗馬と目されていたブレイナード理事は副議長への昇格が決まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン