/

この記事は会員限定です

IR誘致へ調査再要請

桑名市、三重県に 木曽岬干拓地を検討

[有料会員限定]

三重県桑名市の伊藤徳宇市長は24日、市内にカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致できないか三重県に調査や研究を求めていることを明らかにした。IRができることで得られる財政上のプラス効果に期待する。これまでも誘致を目指していたが、三重県知事に一見勝之氏が当選・就任したのをきっかけに改めて要請することにした。

伊藤市長が24日、日本経済新聞の取材に対し明らかにした。三重県と愛知県にまたがる木曽岬干...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン