/

この記事は会員限定です

九州ドローンビジネス拡大(下)空路開発や操縦士育成

有人地帯で目視外飛行解禁へ 新産業育成の機運

[有料会員限定]

ドローン(小型無人機)の有人地帯での目視外飛行(レベル4)が2022年度に解禁されることをにらみ、ドローンが飛行する「空路」の開発や、操縦士の養成など、周辺ビジネスが九州で立ち上がり始めている。大分県でドローンサービスの共同受注サイトが開設されるなど、地域の新たな産業に育てようとする動きも出てきた。

そばの道、新聞配達の道、薬の道――。佐賀県多久市で全国に先駆けドローンが飛行する「空の道」の整備が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン