/

この記事は会員限定です

熱波襲来に秋冬から備え

米国

[有料会員限定]

米国で自治体を中心に熱波対策が広がっている。今年6月に米北西部を襲った熱波をきっかけに、その危険性が広く認識されるようになった。フロリダ州では世界初のチーフ・ヒート・オフィサー(CHO=最高熱波責任者)が誕生し、バイデン政権も対策に乗り出した。

年間を通じて平均気温が20度以上と温暖で、夏は真夏日が続くフロリダ州マイアミ・デイド郡。11月に入り猛暑は落ち着きつつあるが、同郡のCHO、ジェーン・ギル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン