/

この記事は会員限定です

米中協議、習氏が手綱

3期目へ盤石、国内基盤の差映す 支持低迷で焦るバイデン氏

[有料会員限定]

米中首脳による16日のオンライン協議は日程調整から一貫して中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が主導した。支持率低迷で成果を焦るバイデン米大統領と、歴史決議をまとめて3期目の足場を固めた習氏の国内基盤の差が表れた。

バイデン氏は中国人が好む赤のネクタイ、習氏は米民主党のシンボルカラーの青いネクタイを締めて協議に臨んだ。和やかに始まった協議は最初からかみ合わなかった。

「次回は直接会って話ができる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン