/

この記事は会員限定です

買収防衛策、復権するのか

[有料会員限定]

上場企業の買収防衛策の導入は常々、投資家の厳しい批判にさらされてきたはずだ。だが、足元では東京機械製作所新生銀行の例のように導入に前向きな動きが見受けられる。買収防衛策は復権するのだろうか。

18日、東京機械が導入した買収防衛策の発動差し止めを求めたアジア開発キャピタルの訴えが最高裁によって退けられた。東京機械はアジア開発が同社株の約4割まで買い集めたことに反発して防衛策を導入。これが認められ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン