/

この記事は会員限定です

自然素材使った日本酒(岐阜大)

米・水・酵母、自前で調達

[有料会員限定]

岐阜大学が米や水、酵母までオリジナルの自然素材を使った純米吟醸酒の醸造に取り組んでいる。2019年春には商品化にこぎつけ、人気を博している。岐阜県は全県にわたり個性ある酒蔵を多く抱えており、同大学も酒造りを実習に取り入れてきた。

銘柄は「多望の春」で、学生からの公募で決めた。大学愛唱歌のタイトルにちなんでいる。甘酸っぱい「岐山」と辛口の「曲阜」の2種類あり、価格は化粧箱入り720ミリリットルで1本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン