/

この記事は会員限定です

中国「恒大」危機が映すもの(上) 過度な金融政策依存 リスク

梶谷懐・神戸大学教授

[有料会員限定]

中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安から社債のデフォルト(債務不履行)懸念が広がり、世界的な信用不安につながる可能性が指摘されている。

恒大集団は約195億ドル(約2.2兆円)といわれるドル建て債務を抱えており、破綻すれば海外の債権者にも影響が及ぶことが予想される。恒大集団は元本償還に備えるため、保有資産の売却など資金繰りに奔走していると伝えられるが、予断を許さない情勢だ。

恒大集団の問題は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン