/

この記事は会員限定です

人的資本の開示を競争力に

パナリット最高執行責任者(COO) トラン・チー

[有料会員限定]

筆者は人事データの分析ツールを提供する企業に勤めている。「人が最大の資産」とする企業は少なくないが、人材の資産価値を測り、経営戦略や意思決定に活用できている企業は限られる。人の資産価値を定量評価することには抵抗感もあるが、人材から創出される価値を経営資源として認識し、評価・管理し、企業価値として開示すべき部分を社内外のステークホルダーに積極的にアピールする時代に突入している。

国際社会や資本市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません