/

この記事は会員限定です

実質金利プラス、それでも円売り

実勢は理論値より9.6円安く 「悪い円安」回避、成長が左右

[有料会員限定]

外国為替市場で円安圧力が強まっている。17日には対ドルで1ドル=115円に一時接近し、4年8カ月ぶりの円安・ドル高水準になった。一方、経済の実力から算出する円の均衡レートをみると直近は99円台。理論値から離れ、円安方向に進んでいる。背景には、新型コロナウイルス禍で浮き彫りになった日本が抱える構造問題がある。

日本経済新聞社と日本経済研究センターは「日経均衡為替レート」を四半期ごとに算出している。政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン