/

この記事は会員限定です

使われぬ消費者集団訴訟

施行5年で4件だけ/「救済は2割未満」 見直しに経済界は難色

[有料会員限定]

多数の消費者に代わり、消費者団体が金銭被害の回復を求めて提訴できる消費者裁判手続き特例法が施行から5年が過ぎた。当初は「日本版クラスアクション(集団訴訟)」と呼ばれ、消費者問題の救済に役立つとの期待を集めたが、現在まで同制度の利用は4件にとどまる。「使い勝手が悪い」との指摘もあり、消費者庁が見直しに向けた提言を策定。制度改正の動きが始まった。

「和解でも喜べず」

「救済できたのは全体の2割未満」。特定適格消費者団体・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン