/

この記事は会員限定です

国産ワクチン、治験進む

副作用抑制や製造コスト減めざす

[有料会員限定]

国内で新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)が進む。手掛けるのは主に国内企業で、既に承認されたmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンなどとは異なる仕組みのものが多い。年内には追加接種が始まり、ワクチンの安定供給は今後も重要だ。国産ワクチンの生産能力の充実が経済安全保障の面でも求められている。

「他のワクチンに比べて原理的に非常に低用量にできる。新しいワクチンを日本に届けたい」。創薬スタート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン