/

この記事は会員限定です

グリーンポリティクス(4)スペイン3割減日本1割減

政治の覚悟を映す明暗

[有料会員限定]

ピレネー山脈があるため周辺国との送電線が脆弱なスペインと、島国の日本。電気が不足しそうなときに周辺国からの融通が難しい点で似る。1970年代の石油危機の教訓から国産エネルギーを増やそうとしてきたが、脱炭素の先進国と後進国に明暗が分かれた。

スペインは再生可能エネルギーの導入拡大に向け、送電線を公正な競争の下で使う必要があると判断。電力会社から送電部門を分離させ、中立性を高めた。

天候によって発電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン