/

この記事は会員限定です

防衛費7000億円計上へ

補正予算案で最大、哨戒機や機雷購入

[有料会員限定]

政府は2021年度補正予算案で防衛費として7000億円規模を計上する見通しとなった。補正予算案で過去最大となる。安全保障環境の変化を踏まえ、哨戒機や機雷などの防衛装備品を新規で購入する。(関連記事政治・外交面に

与党と調整して月内に決める。年度ベースの補正予算で過去最高額だった18年度と比べ5割増にあたる。防衛省が22年度当初予算案の概算要求で盛り込んだ哨戒機や輸送機、機雷などを前倒しで調達す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン