/

この記事は会員限定です

武田、還元強化にカジ

負債圧縮に一定のめど 自社株買い、今後も継続

[有料会員限定]

武田薬品工業は株主還元の強化にかじを切る。11月に13年ぶりとなる最大1000億円の自社株買いを始めた。今後も新たな自社株買いを検討していく方針だ。2019年のアイルランド製薬大手シャイアーの買収以降、膨らんだ負債の圧縮を最優先としてきたが、一定のめどが立ちつつある。これを受けて財務運営方針を見直し、資本の効率化もにらんだ自社株買いに資金を投じていく方針だ。

武田のコスタ・サルウコス最高財務責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン