/

この記事は会員限定です

なんでも開示に落とし穴

[有料会員限定]

株主や投資家が企業を知るための最重要手段が開示制度だ。会社法から始まり、上場企業なら金融商品取引法、取引所ルールまで、広範多岐で微細な規制が整備されている。最近はこれらが一段と強化・拡充されつつある。企業統治指針(CGコード)や気候変動に対する国際的なルール作りが大きなテーマだ。

例えばCGコードが求める取締役のスキルマトリックスは、各取締役の専門性や強みを端的に開示しようというもので、企業価値を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン