/

この記事は会員限定です

鹿田産業、欧州で竹製すだれを販売

持続可能な装飾材に

[有料会員限定]

竹製のすだれを手掛ける鹿田産業(福岡県広川町)が欧州向けの販路開拓に乗り出している。現地の環境意識の高まりに着目し、自然を感じられる建築用装飾材として売り込む。2019年のフランス進出をきっかけに、イタリアと英国で販売実績を積んだ。現状の海外売上高は年間で数百万円規模にとどまるが、今後は北米やアジア市場にも進出し、25年には3億円を目指す。

「どれくらい長持ちしますか」「強度はどの程度ですか」。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン