/

この記事は会員限定です

経済回復、米欧に出遅れ GDP7~9月は再びマイナス

年率3.0%減 10~12月、6%成長も

[有料会員限定]

日本経済の回復が遅れている。7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前期から年率3.0%減り、プラス成長が続く米欧との差が鮮明だ。ワクチンの普及に手間取った影響で個人消費の持ち直しが鈍い。10~12月期は反動もあって高成長を見込むが、GDPがコロナ前の水準に戻るのは2022年以降になる公算が大きい。コロナ危機の出口に向けて成長力を底上げする構造改革も急がれる。

車生産停滞が影

「緊急事態宣言などで社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン