/

この記事は会員限定です

超高齢社会国際会議、持続可能社会を産学官で議論

[有料会員限定]

「超高齢社会の課題を解決する国際会議」(主催・日本経済新聞社、経済産業省)が15日、都内で開かれた。日本だけでなく世界で人口減少や高齢化が進む中、豊かで持続可能な社会をどう構築していくかについて産学官の有識者が議論した。

会議は今年で3回目で16日まで。15日の議論では高齢者の社会参加や働き方、ヘルスケアのあり方がテーマになった。医療技術の進歩に伴いより健康寿命が延びた一方、慢性疾患や生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン