/

この記事は会員限定です

投資家、中国市場に熱視線

海外勢の株・債券保有13兆円増 ITなど締め付け強化でも高収益期待

[有料会員限定]

海外投資家による中国の株式と債券の保有残高が今年に入り9カ月間で約1200億ドル(約13兆7000億円)増加した。相場の乱高下や中国政府による規制強化にもかかわらず、海外投資家は高収益を狙い中国市場に熱い視線を注いでいる。

本紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の集計によると、海外投資家が保有する人民元建ての株式と債券は9月末時点で7兆5000億元(約134兆円)に上り、2020年末から約7600億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン