/

この記事は会員限定です

第四北越FG社長、合併効果「出つつある」

M&A収益 4~9月2.9倍

[有料会員限定]

第四北越フィナンシャルグループの殖栗道郎社長は12日の決算発表記者会見で「合併によるノウハウ共有や重複機能整理などの成果が表れつつある」との認識を示した。2021年4~9月期のM&A収益は5億1200万円と前年同期比2.9倍に増えた。グループ内連携も寄与し、非金利収益は17%増の105億円だった。

M&Aについて「上期は地方銀行界でトップクラスの実績をあげることができた」と指摘し、下期以降についても「潜在的に進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン