/

この記事は会員限定です

外貨建て保険、運用実績開示へ

元本割れリスクなどで苦情多く、金融庁が共通指標導入求める

[有料会員限定]

金融庁はドルなどで運用する外貨建て保険の実態を見えやすくする。販売金融機関に比較可能な共通指標の導入を求め、売れ筋商品や運用実績などの開示を促す。外貨建て保険は表面上の利回りが高く人気がある半面、元本割れリスクの十分な説明を受けなかったという苦情が絶えない。透明性を高めて顧客本位の業務運営につなげる。

導入を検討しているのは「共通KPI」(重要業績評価指標)と呼ぶ指標だ。金融庁は2018年から投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン