/

この記事は会員限定です

岡田弘さん 「提供者」減少男性不妊に寄り添う

国内初の民間精子バンク設立

[有料会員限定]

男性不妊の研究を約40年続ける先駆者として国内初の民間精子バンク、株式会社みらい生命研究所(埼玉県越谷市)を独協医大の協力で4月に設立した。第三者のボランティアによる精子を不妊治療として人工授精(AID)を希望するカップルに医療機関を通じて提供する。

ボランティアの精子を用いるAIDは、日本産科婦人科学会が医療行為と認め、一部の医療機関で行われている。しかし、生まれた子が提供者の情報を知ろうとす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン