/

この記事は会員限定です

なぜ強い中堅企業解剖(1)半導体材料 世界シェア7割

大阪有機化学、年数キロから生産 純利益5年で2倍に

[有料会員限定]

日本には特殊な製品でニッチトップの地位を確立し、成長を続ける中堅企業は少なくない。そうした企業を全国から発掘し、強さの理由を解剖する。1回目は半導体材料「モノマー」の高付加価値品で7割の世界シェアを持つ大阪有機化学工業。旺盛な半導体需要を受け、2021年11月期の連結純利益は5年前の2倍に拡大する見通しだ。

「世界中の電子機器でうちのモノマーを使わないものはない」。大阪有機化学の渡辺哲也執行役員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン