/

この記事は会員限定です

「ファスト動画」被害深刻、映画・漫画を要約 損害950億円超か

手軽な視聴、若者らに人気 違法性の認識薄く

[有料会員限定]

映画や漫画を無断で数分間に要約した「ファスト動画」による著作権侵害が深刻だ。新型コロナウイルス下、「短時間で多数のコンテンツに触れたい」という若者を中心とした需要の高まりに、広告収入を狙った投稿が応える。6月には警察が初摘発したが、今度はオリジナルを使わずシナリオを伝える配信が多発。推計950億円超の被害は投稿者と視聴者双方が違法性の認識を欠く現状を浮き彫りにしている。

「初めは違法かもしれない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン