/

この記事は会員限定です

北電、三菱商事と連携 函館に水力発電新会社

[有料会員限定]

北海道電力三菱商事は水力発電で連携する。11月中に両社が50%ずつ出資する「道南水力発電合同会社」を北海道函館市に設立する。資本金は1000万円。函館やその周辺市町に北海道電力とその子会社が保有する5つの水力発電所で老朽化した設備を更新する。再生可能エネルギーである水力発電を長期継続できるようにする。

対象となるのは函館市の磯谷川第一・第二発電所(出力は合計3650キロワット)、七飯町の七飯発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン