/

この記事は会員限定です

米テスラに学ぶ中国戦略

攻めの投資で分断に備え 中国総局 多部田俊輔

[有料会員限定]

米電気自動車(EV)大手、テスラの勢いが止まらない。2021年7~9月期決算は売上高と利益がともに過去最高を更新し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を超えた。米フェイスブック(現メタ)を抜き去り話題になったが、その快走は中国事業の急成長が支えている。

「納車までに最大10週間かかるね」。重慶市のテスラの店舗を訪れると店員が小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」を指さした。小型車「モデル3」よ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン