/

この記事は会員限定です

中国加盟、TPPルール順守を

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学准教授 クリステン・ホープウェル氏

[有料会員限定]

中国は9月、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請した。新規加盟には日本を含む参加11カ国全ての承認が必要だ。中国は世界の貿易ルールを受け入れず、貿易を経済的な威嚇の手段として利用しており、加盟国は中国の試みを警戒する必要がある。

TPPは、アジア太平洋地域で影響力を強める中国を封じ込めるための、米国の戦略の礎になることが意図されていた。だが米国はトランプ前政権が2017年に離脱を宣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン