/

この記事は会員限定です

古代のゴールド(6)神様のラインダンス

宝飾史研究家 山口遼

[有料会員限定]

少し幅のある黄色いリボンをつないで、人間と思われるような形を作り、横につなぎ合わせたネックレスかブレスレットに見える。スーダンのメロエの遺跡から発見された、紀元前1世紀末ころのアマニシャケトと呼ばれる女王の持ち物だったものだ。

もちろん、すべて金製、デザインはアンクと呼ばれるものでエジプト人は生命の象徴として大事にしたものだ。これは小さなもので、縦3センチちょっと。サイズはいろいろで、エジプト文化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン