/

中古品売買、サービスで競う

バイセルやオークファン 買い取りや在庫流通を強化

[有料会員限定]

中古品の売買などを手がける企業が相次いでサービス強化を打ち出している。買い取りの人材を増やすほか、店舗や倉庫で売れ残った商品を再流通させる取り組みを始めた。サステナビリティー(持続可能性)を重視する消費者の間で中古需要が高まるなか、新規顧客の獲得に力を入れる。

着物や貴金属などの高価格品を自宅に訪問して買い取るバイセルテクノロジーズは、2022年春の訪問員の採用人数を前年比2倍近くに増やす。17~21年は43~69人で...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン