/

この記事は会員限定です

「転職で賃金増」最高水準

7~9月30.5%、IT人材がけん引

[有料会員限定]

リクルートが2日発表した調査によると、転職した後に賃金が増えた人の比率は7~9月期に前年同期比3.9ポイント高い30.5%となった。集計を始めた2002年4~6月期以降で最も高い水準になった。新型コロナウイルス禍で業種を問わず民間企業がデジタル化を進めており、IT(情報技術)人材の求人が増えていることが背景にある。

リクルートは同社のサービスを使って転職した人のうち、賃金が1割以上増えた人の比率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン