/

この記事は会員限定です

変化を嫌う(5)人づくりの共通目標、どこへ

揺らぐ志、骨太な未来図を

[有料会員限定]

中央省庁の人材供給源といえる東京大学で、霞が関を目指す若者が減っている。キャリア官僚となる国家公務員総合職の採用試験(全区分)の2020年度合格者で東大出身は349人と旧1種試験時代の1999年以来最少だった。

官界の重鎮を輩出してきた法学部の学生の就職先も変わった。今では優秀な学生が長時間労働の霞が関より、20代から好待遇で政策立案にも携われる外資系のコンサルティング会社などを選ぶことは珍しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン